抗真菌とかゆみと寄生について

ある時、突然、陰部や膣の部分がかゆくなることがあります。

これは、女性に辛い症状の1つであり、カンジダと呼ばれる菌が、陰部や膣に寄生してしまっている状態から、酷いかゆみが起こってしまうのです。

かゆみについては、夜、眠れないほどであり、また日中も、何も手に着かないほど酷いかゆみを伴うことがあります。
これらのカンジダは、若い女性、中学生や高校生などの若年層だけでなく、中高年の方やお年寄りの方も発生するかゆみであり、とても耐えがたいものです。

カンジダが膣などの体に寄生している場合には、抗真菌の薬で治す方法があります。

抗真菌の薬を医師から言われた通りに、塗るまたは、膣内に挿入することで、酷いかゆみから解放されることができます。

寄生していたカンジダの菌などは、一度症状などがなおっても、寄生し続けることがほとんどであり、一度、この病気になってしまうと、また、体力が低下してしまった際や、風邪薬を飲んでしまった際に、発生してしまうことが多くあります。

その場合には、婦人科や産婦人科で、抗真菌の薬を処方してもらえる他、風邪薬などを飲んでしまい、このようなカンジダの症状が出てしまうケースの場合には、内科のお医者さんによっては、処方してくれる他の風邪薬と一緒に、抗真菌薬の塗り薬を処方してくれることがあります。

ただ、膣内に入れる抗真菌の薬については、婦人科または産婦人科で検査を受けない限り、処方がされない方針となっているため、その場合には、薬局などで購入するなどの方法もあります。

一度、上記の検査を婦人科などで受け、カンジダと診断された場合には、薬剤師さんに説明し、薬局でも、膣内に入れる薬を購入することができます。

水虫とは、真菌である白癬菌が皮膚に付着し、感染する病気です。そんな水虫に効くのが抗真菌薬。抗真菌薬にはさまざまな種類があり、一概にどれがいいかとは言い切れません。そこで、当サイトがあなたに合った抗真菌薬を見つける手助けができればと思います。

ページの先頭へ戻る